• 学校概要

    • 学校名:マドリッド補習授業校(E.C.J.)
    • 設立:昭和56(1981)年9月1日
    • 設立者:日本文化基金財団
    • 地位:在スペイン日本国大使館付属教育施設
    • 運営主体:マドリッド補習授業校運営委員会
    • 運営責任者:運営委員長
    • 所在地:AVDA. DE LA VICTORIA, 98-100 EL PLANTIO 28023 MADRID
  • 教育方針

    • 基礎的な教科の補習を通して、在外幼児・児童・生徒が日本語学習に効果をあげるように、帰国幼児・児童・生徒が日本での教育と生活に適応出来るよう指導を行う。
    • 幼児・児童・生徒の異なる学習目的を踏まえ、学力レベルだけに偏重しない幅広い人間形成の立場から、個の能力適正に応じた柔軟で平等な教育指導を行う。
  • 入学規定

    • 両親または片親が日本人であり、日本語での日常会話がある程度理解できる子供を対象とする。尚、日々の家庭での学習と家族の協力が必要とされる。
  • 学級編成

    1. 幼児部 2年
    2. 小学部 6年
    3. 中学部 3年
    4. セミナークラス 2年(以降継続できる)
  • 学年度、学期、授業日、授業時間

    • 本校の学年度は毎年4月1日より、翌年3月31日までとし、以下の三学期とする。
    • 第1学期:4月1日~8月31日
    • 第2学期:9月1日~12月31日
    • 第3学期:1月1日~3月31日
    • 各学期に於ける授業日は、原則として毎週土曜日とする。
    • 各授業日の授業時間は原則として3時間とする。
  • 沿革

    • 昭和48年2月(1973年)マドリッド日本語補習学校発足。(マリア・ビルヘン校舎)生徒数25名、3クラス複式授業、教員3名。その後、昭和56年までに生徒数108名、10クラス。
    • 昭和56年9月(1981年) 全日制日本人学校開設に伴い、運営費全額保護者負担の私立校として、新規マドリッド日本語補習校発足。(マラビージャス校舎)生徒数39名。チューリップ組1クラス、小学部6クラス、中学部3クラスの計10クラス、一部複式授業、教員3名。11月、全日制日本人学校校舎へ移転。
    • 昭和59年4月(1984年) 生徒数50名、教員4名、5歳児クラスを開設、従来のチューリップ組を改め、日本語クラスとして、計2クラス増やす。12クラスの単式授業。
    • 昭和63年4月(1988年) 日本国政府より教員給与の補助が認められる。生徒数100名、13クラス、教員5名、事務員1名(9月より)
    • 平成元年4月(1989年) 生徒数111名、13クラス、教員5名、事務員1名。
    • 平成2年4月(1990年) 生徒数113名、13クラス、教員7名、事務員1名。1校時45分授業から50分授業に変更。
    • 平成3年4月(1991年) 生徒数130名、13クラス、教員7名、事務員1名。
    • 平成4年4月(1992年) 生徒数119名、14クラス、教員7名、事務員1名。
    • 平成5年4月(1993年) 生徒数126名、14クラス、教員7名、事務員1名
    • 平成6年4月(1994年) 生徒数145名、14クラス、教員7名、事務員1名。幼児部(4歳児チューリプ組)開設、国際部1クラス減。
    • 平成7年4月(1995年) 生徒数145名、16クラス、教員8名、事務員1名。国際部1クラス増設、セミナークラス1クラス開設。 
    • 平成8年4月(1996年) 在スペイン日本国大使館付属マドリッド授業校となり、日本人学校と合体する。 校長は、日本人学校校長が兼任。生徒数153名、16クラス、教員8名、事務員1名。
    • 平成9年4月(1997年) 生徒数156名、17クラス、教員9名、事務員1名。国際部1クラス増設。
    • 平成10年4月(1998年) 生徒数149名、17クラス、教員9名、事務員1名。国際部1クラス増設、幼児部(5歳児)1クラス減。
    • 平成11年4月(1999年) 生徒数137名、17クラス、校長1名、教員8名、事務員1名。
    • 平成12年4月(2000年) 生徒数136名、17クラス、校長1名、教員8名、事務員1名。
    • 平成13年4月(2001年) 生徒数140名、17クラス、校長1名、教員8名、事務員1名。
    • 平成14年4月(2002年) 生徒数150名、18クラス、教員9名、事務員1名。
    • 平成15年4月(2003年) 生徒数147名、18クラス、教員9名、事務員1名。
    • 平成16年4月(2004年) 生徒数144名、18クラス、教員9名、事務員1名。
    • 平成17年4月(2005年) 生徒数138名、18クラス、教員9名、事務員1名、事務補助1名。
    • 平成18年4月(2006年) 生徒数131名、18クラス、教員9名、事務員1名、事務補助2名。
    • 平成19年4月(2007年) 生徒数111名、16クラス、教員8名、事務員1名、事務補助2名。
    • 平成20年4月(2008年) 生徒数111名、15クラス、教員9名、事務員1名、事務補助1名。新カリキュラム導入により総合授業新設。午前集中型学校への移行。教員の半日勤務体制の整備。
    • 平成21年4月(2009年) 生徒数111名、16クラス、教員10名、事務員1名、事務補助2名。
    • 平成22年4月(2010年) 生徒数124名、16クラス、教頭1名、教員10名、事務員1名、事務補助2名。
    •  平成23年4月(2011年) 生徒数140名、13クラス、教頭1名、教員11名、事務員1名、事務補助2名。午前集中型授業の完了。教員の原則5.5時間勤務体制整備。45分X4こまの授業体制。
    •  平成24年4月(2012年) 生徒数122名、13クラス、教頭1名、教員11名、準教員1名、事務員1名、事務補助2名。幼児部2部制を廃止。全クラス、9時始業。試験的に人数の多い学年に補助のため、準教員を採用。
    •  平成25年4月(2013年) 生徒数114名、13クラス、教頭1名、教員11名、準教員1名、事務員1名、事務補助2名。
    •  平成26年4月(2014年) 生徒数104名、13クラス、教頭1名、教員11名、事務員1名、事務補助2名。
    •  平成27年4月(2015年) 生徒数120名、12クラス、教頭1名、教員11名、事務員1名、事務補助2名。
    •  平成28年4月(2016年) 生徒数144名、12クラス、教員11名、事務員1名、事務補助2名。幼児部チューリップ組を2クラスにする。